サーフィンニュース

ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES 2009 では、薬物検査実施されます。

10月17日から開催予定の ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES 2009 では、薬物検査実施されるようです。

日本サーフィン連盟のホームページによると

======================================================================
本大会は、日本ドーピング防止規定を順守し、薬物検査を実施します。
出場選手には検査に関する同意書を事前に郵送します。検査に対しては事前に同意するものとし、実施の際は拒否できません。
薬物検査の拒否、検査結果の裁定に関する不服は、日本サーフィン連盟理事会、総務委員会まで申し出てください。
なお、正当な理由なく検査を拒否した場合には、日本サーフィン連盟理事会、総務委員会に付託し、その処遇について判断をします。
======================================================================
ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES 2009 より引用

また毎日新聞によると

======================================================================
日本サーフィン連盟(会員約1万3000人)は17、18日に静岡県下田市である全国大会に出場する選手120人に検査への同意を義務付けた。約20人を無作為に選び、簡易キットで検査。陽性反応が出れば、地元警察署に通報するという。
======================================================================
薬物:日本サーフィン連盟が大会出場選手に検査実施へ - 毎日jp(毎日新聞) より引用

もちろん最近のサーファーによる薬物使用が大きく報道されたためによる対処だとは思いますが、あまり気持ちのいいことでありません。大会では陽性反応が出ないことを願いますが、一刻も早くサーファーに対するマイナスイメージがなくなることを、望みます。



日本サーフィン連盟 はこちら

毎日jp(毎日新聞) はこちら

戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典