サーフィンニュース

Oakley ASP World Pro Junior がスタート。7名のチームジャパンが世界を相手に奮闘中!!

10月 2日より インドネシアのバリ島 Keramas(クラマス)で ASP ジュニアワールドチャンピオンシップ
Oakley ASP World Pro Junior(オークリー エーエスピー ワールド プロ ジュニア)
が開催されています。
開催期間 10月 2日(土)~ 10月13日(水) 時差 -1時間(サマータイムなし)
賞金総額 $95,000(日本円で 男子約 620万円 女子約 160万円 1ドル 83円で計算)


このサーフィン大会は世界各地のジュニアサーファーの代表とワイルドカードのサーファーの合計 48名で、約 10日間の長いウェイティング期間を設けて行われます。

チームジャパンは 大橋 海人(オオハシ・カイト)  高橋 健人(タカハシ・ケント) 加藤 嵐(カトウ・アラシ)
新井 洋人(アライ・ヒロト)  仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ) 大村 奈央(オオムラ・ナオ)
高橋 みなと(タカハシ・ミナト)の 7名が出場予定です。



大会 1日目は大会会場をCanggu(チャングー)に移して、ウィメンズのラウンド 1からスタートしました。
ヒート 1に登場した大村 奈央は 3位でラウンド 2へ。
ヒート 3に登場した高橋 みなとも 3位でラウンド 2へ。
1日目はウィメンズのラウンド 1のヒートをすべて消化して終了しました。



大会 2日目もバックアップポイントのチャングーで、メンズのラウンド 1がスタート!!
ヒート 7に登場した仲村 拓久未は 3位でラウンド 2へ。
ヒート 12に登場した新井 洋人も 2位でラウンド 2へ。
ヒート 14に登場した大橋 海人も 3位でラウンド 2へ。
ヒート 15に登場した高橋 健人も 3位でラウンド 2へ。
ヒート 16に登場した加藤 嵐も 3位でラウンド 2へ進むことになりました。

そのままラウンド 2が行われ、ヒート 4に登場した仲村 拓久未は 2.11ポイント差で 2位となり敗退となりました。
大会 2日目は仲村 拓久未のヒート 4で終了しました。



大会 3日目もチャングーでヒートが行われています。今日はウィメンズクラスのラウンド 2から行われていて、
ヒート 1には大村 奈央と高橋 みなとが同じヒートになってしまい、2位の大村 奈央がラウンドアップし、
3位の高橋 みなとは敗退となりました。



そしてそのままラウンド 3が行われて、ヒート 1に再び登場した大村 奈央も2位で敗退となってしまいました。
このサーフィン大会のウィメンズには、すでに 6スターで優勝しているLaura Enever(AUS)(ローラ・エネバー)や
若手の実力者で Owen Wright(AUS)(オーウェン・ライト)の妹のTyler Wright(AUS)(テイラー・ライト)などが
出場していて、レベルの高いサーフィン大会となっています。



インドネシアのバリ島とは時差が 1時間なので、大会が行われていれば日本の日中にライブ中継が行われています。
公式サイトで選手達のサーフィンを観ることができます。!! 次世代のヒーローが決まるこのサーフィン大会に要注目です!!
ライブ中継で世界のトップジュニア達のサーフィンを観戦しましょう!!

Oakley ASP World Pro Junior は、こちらのサイトから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!(時差 -1時間 サマータイムなし)



Oakley ASP World Pro Junior のサーフィン大会会場


より大きな地図で Canggu(チャングー) を表示



戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典