サーフィンニュース

田嶋 鉄兵はラウンド 24で惜しくも敗退!! O'Neill Cold Water Classic Canada 5日目


10月 9日より カナダ バンクーバ島 North Chesterman Beach(ノースチェスターマンビーチ)で ASP メンズ 6スター
O'Neill Cold Water Classic Canada(オニール コールドウォータークラシック カナダ)
が開催中です。
開催期間 10月 9日(土)~ 10月15日(金) 時差 -16時間(サマータイム中)
賞金総額 $145,000(日本円で 約1200万円 1ドル 83円で計算)


このサーフィン大会は、その名の通りに海水が冷たい場所で行われるサーフィン大会で、今年はすでに 3戦行われています。
3月23日~28日 6スター タスマニア   4月13日~19日 6スター スコットランド
7月26日~30日 4スター サウス アフリカ



このサーフィン大会には日本から 4人のサーファーがエントリーしています。
大澤 伸幸(オオサワ・ノブユキ)   田中 樹(タナカ ・イズキ)   辻 裕次郎(ツジ・ユウジロウ)
田嶋 鉄兵(タジマ・テッペイ)
名前がよく出てくるホットなサーファーですが、大澤 伸幸、田中 樹、辻 裕次郎はすでに敗退してしまいました。



大会 5日目はラウンド 24までのヒートが消化されました。 そんな中ヒート 3には、日本勢唯一残っていた田嶋 鉄兵が登場しました!! 海外のトップサーファー Julian Wilson(AUS)(ジュリアン・ウィルソン)との対決となり、田嶋 鉄兵は中盤までリードを走ってましたが逆転を許してしまい、その後少しずつ点数を縮め、残り 1分最後のライディングに賭けましたが逆転に届かず、無念の敗退となってしまいました。



これで日本勢が全て敗退という結果となってしまいましたが、田嶋 鉄兵は今大会 17位になり、自分のサーフィンに自信をつけた大会になったようです。 今後も日本人選手の海外での活躍に期待したいです。



その他、大会 5日目までに勝ち上がっている世界のトップサーファー達は
Julian Wilson(AUS)(ジュリアン・ウィルソン) Tanner Gudauskas(USA)(タナー・グダスカス)
Corey Lopez(USA)(コリー・ロペス) Nathaniel Curran(USA)(ナサニエル・カラン)などです。


海外のトップサーファーのサーフィンにも是非注目です!!



来年から ASP のワールドツアーに入るためのルールが大きくかわります。来年からのワールドツアーはシーズン中にも選手の入れ替えが行われる予定で、しかもポイントの持ち越しも行われる予定です。ポイントの持ち越しとは、ポイントが最長12ヶ月まで持ち越せることです。



今までは「1年かけて世界のワールドクォリファイシリーズ(WQS)に参戦しポイントを稼いで、その翌年にワールドツアーに入れるか?」だったのですが、来年からは次の入れ替えが行われるイベントまでに、今からポイントを稼いで上位につけていれば、ワールドツアー入りが出来ることになります。今大会のポイントも重要になるという話です。日本人サーファー達にはワールドツアー入りを目指して頑張って欲しいです。



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを堪能しましょう。


O'Neill Cold Water Classic Canada は、こちらのサイトから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!! 時差 -16時間(サマータイム中)

O'Neill Cold Water Classic Canada は、こちらも


O'Neill Cold Water Classic Canada のサーフィン大会会場


より大きな地図で Tofino(トフィーノ) を表示



戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典