サーフィンニュース

アンディ・アイアンズの遺灰は、家族の手によって故郷の海へ帰りました


過去 3年連続 ASP メンズワールドチャンピオンに輝いた、Andy Irons(HAW)(アンディ・アイアンズ 32歳)が 2010年11月2日(火曜日)に他界しました。


現地時間 11月14日 午前11時 ハワイ カウアイ島 ハナレイベイ パインツリーで、アンディ・アイアンズの追悼セレモニーが家族により行われました。(2分55秒あたりからセレモニーの様子が観れます)

*このサーフィン動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。


この追悼セレモニーには、Kelly Slater(USA)(ケリー・スレーター)
Mick Fanning(AUS)(ミック・ファニング)
Taj Burrow(AUS)(タジ・バロウ)
Shane Dorian(HAW)(シェーン・ドリアン)
Mark Occhilupo(AUS)(マーク・オキルーポ)
Tom Carroll(AUS)(トム・キャロル)
Derek Ho(HAW)(デレク・ホー)
Nathan Fletcher(USA)(ネイザン・フレッチャー)
Matt Archbold(USA)(マット・アーチボルト)
Donavon Frankenreiter(USA)(ドノヴァン・フランケンレイター)など、約 1000人が参加しました。



弟のBruce Irons(HAW)(ブルース・アイアンズ)によって、アンディ・アイアンズの遺灰は海にまかれて、多くの友人や家族が見守る中、アンディ・アイアンズは故郷の海に帰りました。



naki's blogによると、
「島中のレンタカーがなくなり、離島フライトの全ても完売。もちろん空港シャトルも満車。地元紙発表によると、この追悼式に世界中から1万人が集まった」
naki's blog | NAKISURF.COM ナキサーフボードカリフォルニア

とのこと。


ハワイ中にあふれるアンディ・アイアンズへのメッセージ



セレモニー会場の様子



また追悼セレモニーは、カリフォルニアのハンティントンビーチでも行われ、世界中がアンディ・アイアンズと最後のお別れをしました。




参考にしたサイトはこちら
Andy Irons Services Held Round the World
naki's blog | NAKISURF.COM ナキサーフボードカリフォルニア



訃報 アンディ・アイアンズが急死 についてのニュースはこちら
11月16日 アンディ・アイアンズの遺灰は、家族の手によって故郷の海へ帰りました
11月10日 オーストラリアでも行われたアンディ・アイアンズの追悼セレモニーの様子
11月05日 アンディ・アイアンズの追悼セレモニーの様子とトリビュートスライドショー
11月04日 アンディ・アイアンズが急死。海外では死因に様々な憶測が



戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典