署名を開始 サンライズ テトラポット問題

ヘッドランド工事により サンライズ~志田下ポイントが消滅の危機!!

サンライズ南側ヘッドランド 6号 サンライズ テトラポット問題

いろいろなブログで問題になっている「サンライズ テトラポット問題」についてです。

一宮エリアには、海に向かっていくつもの堤防があるのは、知っているサーファーも多いと思います。

この堤防は簡単に言うと、砂浜の砂が流されないように設置されました。

砂浜の砂が流されてしまう原因は、いろいろな要素があって難しいのですが、放置しておけば、砂浜が無くなりサーフィンは出来なくなり、さらに進めば、海沿いの生活を脅かすことになります。というわけで、この工事が 1988年から進められています。

サンライズ南側ヘッドランド 6号と 7号の間はわずか 400m サンライズ テトラポット問題

問題になっているのは、サンライズポイントの右側の堤防です。

この堤防は、既に沖に伸ばす工事は終わっているのですが、これを横にのばして、T型にする工事が始まりました。

「すでに、一宮ポイントはそうなってるじゃん」と思ったサーファーの方。その通りです。問題は、ビーチの広さに対しての T型堤防の横の部分の長さなんです。

一宮ポイントは海を正面にして左の堤防から右の堤防まで、約 900mあります。このうち左右の横堤防が 100mづつ出ているので、海に向かって開いている部分(ウネリが入ってくる部分)は、700m になります。

一宮ポイントはそれでもけっこう広いので、そんなに気にしていなかったのも事実ですが、今回工事が始まったサンライズポイントの右側の堤防と次の堤防の広さは、400mしかありません。

これに左右の横堤防が 100mづつ横に伸びて、ビーチに蓋をする感じになり、海に向かって開いている部分(ウネリが入ってくる部分)は、200mになってしまいます。

これが完成してしまうと、1つのサーフィンポイントが無くなってしまう可能性が、非常に高いことはサーファーの方ならわかると思います。

ヘッドランドの基礎部分に使用される「蛇籠」(ジャカゴ) サンライズ テトラポット問題

さらに、この工事で良い結果が得られれば、ファミマ下ポイントから志田下ポイントまで同じ工事をするらしいのです。

この工事が予定通り完了したとすると、海に向かって開いている部分(ウネリが入ってくる部分)は各ポイントで以下のようになります。

※ヘッドランドとは、T型堤防の正式名称で、人工岬という意味です。


北側のポイントより
ファミマ下北側(ヘッドランド 3号)~ファミマ下南側(ヘッドランド 4号)の間は 900m が 700m に

ファミマ下南側(ヘッドランド 4号)~サンライズ北側(ヘッドランド 5号)の間は 750m が 550m に

サンライズ北側(ヘッドランド 5号)~サンライズ南側(ヘッドランド 6号)の間は 750m が 550m に

サンライズ南側(ヘッドランド 6号)~東浪見北側(ヘッドランド 7号)の間は400m が 200m に

東浪見北側(ヘッドランド 7号)~東浪見南側(ヘッドランド 8号)の間は 650m が 450m に

東浪見南側(ヘッドランド 8号)~志田下北側(ヘッドランド 9号)の間は430m が 230m に

志田下北側(ヘッドランド 9号)~志田下南側(ヘッドランド 10号)の間は450m が 250m に

工事が全部完了すると、海がコンクリートにより塞がれてしまう場所が、一宮~太東間で合計すると約1.4kmになります。これは問題です。


工事が完了してもまだ砂が付いていない一宮ポイント サンライズ テトラポット問題

そしてこの工事は、地元住民に何も連絡が無く工事がスタートしてしまいました。

以前からもいろいろ話し合いの場が、行政と地元住民の間で行われて、前回の話し合いの終了時に、「工事が再開されるときは連絡をする」ということになっていたようです。

さらに、「砂浜の後退防止効果が見込めない」と工事関係者が認めたらしいのです。
(この件に関しては、計画全体を指すのか? 工事の初期の状態を指すのか? 追加された計画を指すのか? 確認が取れていないので、今後調べます)

しかも「一度組んでしまった予算は、どうしても使わないといけないから、工事をスタートした」なんて話も出てきています。


署名を開始 サンライズ テトラポット問題

署名活動がスタート。地元住民はすでに行動を起こしています。

「一宮の海岸環境を考える会」が発足し、先週末 2月7日にサンライズポイントでビーチクリーン後に集会・意見交換会が行われ、この工事の一時中止を求める署名活動がスタートしました。

現在も署名活動が続いています。あなたもこの署名活動に参加できます。
署名は一宮エリアのサーフショップで受け付けています。署名を郵送することで参加できます。

署名に参加する前に、自分でいろいろ考えて納得した上で署名に参加することをおすすめします。
ポイントは、
「工事中止を求める署名ではないこと」
「住民への説明会が行なわれるまで、工事の一時中止を要望していること」
です。

署名活動に参加したいかたは、下のリンクをクリックして、印刷してください。(PDFファイル)

一宮でサーフィンしたことがある人もない人も、サーファーでない人でも、出来るコトがあります。
みんなで一緒に考えていきましょう。

2010年2月9日掲載(2月11日一部訂正)


サンライズポイントのテトラポット工事 その1 2010.2.23

*このサーフィン動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。



参考になるホームページ
一宮の海岸環境を考える会
一宮の魅力ある海岸づくりについて(一宮町役場)
海岸保全基本計画の策定について(千葉県)
南九十九里浜 養浜計画(千葉県)




戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典