サンライズ ヘッドランド工事

住民フォーラム「一宮の海岸を考える」が開催されました

会場には年齢を問わず150名を超える方々が集まった

2月20日(土)夕方、一宮町公民館にて「一宮の海岸環境を考える会」主催の住民フォーラム『一宮の海岸を考える』が開催されました。

会場には年齢・性別を問わず、150名を超える方々が集まりました。








まず、代表の小松直之さんより、一宮町海岸のヘッドランド工事の状況が報告
一宮で農業を営む石井理永蔵さんから、海岸浸食と護岸工事によって変化した、『上総十二社祭り』についてのコメント
九十九里自然誌博物館を運営する秋山章男さんより、護岸工事が進行と共に、ウミガメの産卵が減少している報告
一宮在住で、40年以上海に入り続ける岡野教彦プロより、工事によって変化してゆく海・波についてのコメント
茅ヶ崎市市議会議員の柾木太郎さんより、茅ヶ崎の海岸浸食対策の成功例についての報告
地元一宮の金子健一 民主党衆議院議員から、県との面談の報告と、今後国会で全国の海岸浸食への対応を提議して行く決意報告
などのコメントや報告がありました。


そして参加者とパネラーの質疑応答
沖合海底(いすみ根)での生体への影響に関する質問
地盤沈下の実態や原因
県側が何らかの協議体を住民に提案していることの確認
などの質疑が行われました。


参加者全員が、一宮町の海岸の堤防(ヘッドランド)工事状況を共有し
同様の問題を抱える地域での対策の実情などを認識し
未来の一宮の海について、人々が集う美しい景観づくり、歴史ある地域の財産としての大切さ
そこに育まれる生態系の保護を願ってやまないことを確認するフォーラムとなりました。


2010年2月23日掲載


サンライズポイントのテトラポット工事 その1 2010.2.23

*このサーフィン動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。



参考になるホームページ
一宮の海岸環境を考える会
一宮の魅力ある海岸づくりについて(一宮町役場)
海岸保全基本計画の策定について(千葉県)
南九十九里浜 養浜計画(千葉県)




戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典