サーフィンニュース

豪華プロサーファー達とサーフィン体験(東浪見小学校 プール開き)

プール開きでサーフィン体験

2010年 6月10日に全国的に有名で、かつては WCT のサーフィンコンテストも行われた、東浪見ポイントの近くの一宮町立東浪見小学校で、ちょっと変わったプール開きが行われました。


変わったプール開きとは、サーフィン体験です。
約100人の全校児童が地元のプロサーファー達の指導のもと、プールでサーフィンを体験しました。


このプール開きでサーフィン体験は、今年で4回目。今年は一宮町サーフィン業組合の中村 新吾(ナカムラ・シンゴ)組合長が中心になって行われました。




指導する牛越 峰統プロ

「初泳ぎ」ではなく「初乗り」です。波こそは無いものの、サーフボードの上に腹ばいになって、両手で水を漕ぐ「パドリング」の仕方や、ボードの上に立ってみたりしました。


指導したプロサーファーの先生達も豪華で
牛越 峰統(ウシコシ・ミネトウ)プロ
  日本プロサーフィン連盟(JPSA)理事長 2003年 JPSA グランドチャンピオン

河野 正和(コウノ・マサカズ)プロ
  日本プロサーフィン連盟(JPSA)理事 1997年・2001年・2002年 JPSA グランドチャンピオン



指導する小池 葵プロ

小池 葵(コイケ・アオイ)プロ
  1997~2003年 JOB(日本ボディボード協会) ウィメンズグランドチャンピオン

軽部 英和(カルベ・ヒデカズ)プロ

中村 大輔(ナカムラ・ダイスケ)プロ

小松 くり子(コマツ・クリコ 旧姓永井)プロ などが指導しました。


児童達はプロサーファー達の指導で、プールの中でサーフボードに乗りパドリングをして、25mプールを 1往復しました。高学年の児童は、サーフボードの上に立つ練習もしました。

指導する河野 正和プロ


また 6年生のパドリングのリレー大会も行われ、アンカーとして参加した、牛越 峰統プロと河野 正和プロが競う姿に、児童達から大きな声援が送られていました。


参加した女子児童は「サーフボードの上に立つのは、難しかったけどおもしろかった」と、1年ぶりのプールを満喫した様子。


指導にあたった岡野 教彦(オカノ・ノリヒコ)さんは、「喜んでいる子どもたちの顔を見ることができ、嬉しかったです。このサーフィン体験をきっかけに実際に海に出て、体で自然を感じてもらいたい」と話していました。


牛越 峰統プロと河野 正和プロのパドルリレー対決


一宮町は波が豊富なこともあり、全国からプロサーファーやプロを目指すトップアマチュアが移住してくる町です。このようなサーフィン体験がきっかけで、将来はプロサーファーになる児童も現れることでしょう。






安全祈願 東浪見小学校プール開き

目標を発表 東浪見小学校プール開き

東浪見小学校プール開き

岡野 教彦さん 東浪見小学校プール開き

サーフィンを指導する河野 正和プロ

サーフィンのフォームを指導する牛越 峰統プロ

中村 新吾さん 東浪見小学校プール開き

ボディーボードを説明小池 葵プロ

サインに応じる河野 正和プロ

プロサーファーのみなさん 東浪見小学校プール開き

戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典