サーフィンニュース

Billabong ASP World Junior Championship 日本人選手は全員敗退!! 2011 Katin Pro/Am Team Challenge 優勝はティム・カラン!!


1月 8日より オーストラリア シドニー Northnarrabeen(ノースナラビーン)で ASP ジュニアワールドチャンピオンシップ
Billabong ASP World Junior Championship(ビラボン エーエスピー ワールド ジュニア チャンピオンシップ)が開催されています。
開催期間 1月 8日(土)~ 1月16日(日) 時差 +2時間(サマータイム期間中)
賞金総額 $95,000(日本円で 男子約 620万円 女子約 160万円 1ドル 83円で計算)



このサーフィン大会は 世界から 45名のトップジュニアサーファーと、ワイルドカード 3名で争われる、世界最高峰のジュニアサーフィン大会となっています。


日本からは 大橋 海人(オオハシ・カイト)  加藤 嵐(カトウ・アラシ)  新井 洋人(アライ・ヒロト)
仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ)  田中 海周(タナカ・カイシュウ)  大村 奈央(オオムラ・ナオ)
高橋 みなと(タカハシ・ミナト)の 7名が出場しています。



このサーフィン動画は 新井 洋人が登場した ラウンド 2 ヒート 5のハイライトの様子です。

*このサーフィン動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。



本日コンテスト 4日目は、メンズクラスのラウンド 3のヒートが進行中です。 日本人選手でただ 1人、ラウンド 3へ勝ち上がった新井 洋人(アライ・ヒロト)は、ヒート 9に登場しました!! ヒート開始 4分、いきなり相手に 8点台をマークされ、点数を縮めるものの逆転には届かず、惜しくもここで姿を消してしまいました。



他の日本人選手は敗者復活戦のラウンド 2で、惜しくも敗退となってしまいました。 中でもヒート 7に登場した仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ)は、エアーなどを入れたサーフィンでリードに立ちますが、残り数分のところで逆転をされてしまい、悔しい敗退となってしまいました。



またガールズクラスでは、大村 奈央(オオムラ・ナオ)がラウンド 3で敗退。 高橋 みなと(タカハシ・ミナト)がラウンド 2で敗退となってしまいました。 そんな中ガールズクラスは本日ファイナルデーを迎え、見事優勝を手にしたのはビアンカ・ブイテンダック(ZAF)となりました!! メンズ顔負けのサーフィンを連発して、会場を沸かせていました!!



今回チームジャパンは残念ながら全員負けてしまいましたが、これからの日本を背負う彼らからまだまだ目が離せません!! ジュニアのニューヒーローが決まる今大会には、海外からも多くのトップジュニアサーファーが出場しています!! ぜひチェックしましょう!!



Billabong ASP World Junior Championship Girls Class 最終結果
優勝 ビアンカ・ブイテンダック(ZAF) $ 5,000(約 41万円)
2位 ジャスティン・デュポン(FRA) $ 2,500(約 20万円)
3位 ローラ・エネバー(AUS) $ 1,150(約 9万円)
 アリゼ・アルノー(FRA)  $ 1,150(約 9万円)



このサーフィン大会はライブ中継があります。ライブ中継で世界のトップジュニア達のサーフィンを観戦しましょう!!
Billabong ASP World Junior Championship は、こちらのサイトから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!(時差 +2時間 サマータイム期間中)



Billabong ASP World Junior Championship のサーフィン大会会場


より大きな地図で North Narrabeen(ノース・ナラビーン) を表示




2011 Katin Pro/Am Team Challenge 優勝はティム・カラン!!


1月 4日より アメリカ カリフォルニア州 Huntington Beach(ハンティントンビーチ)で開催されていた
2011 Katin Pro/Am Team Challenge(ケイティン プロ アマ チーム チャレンジ)が終了しました。
開催期間 1月 4日(火)~ 1月 9日(日) 時差 -17時間(サマータイム期間外)



このサーフィン動画は、昨年 2011 Katin Pro/Am Team Challenge のハイライトの様子です。

*このサーフィン動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。



見事コンテストを制したのは、Tim Curran(USA)(ティム・カラン)となりました!! ティム・カランはファイナルで、素晴らしいエアーを入れたサーフィンで、見事勝利をモノにしました!! またチーム優勝は、ティム・カラン率いるHurley(ハーレー)となりました!!



2011 Katin Pro/Am Team Challenge 最終結果
優勝 ティム・カラン(USA)
2位 クリス・ワーニング(USA)
3位 マイカー・バーン(USA)
4位 タナー・グダスカス(USA)


チームチャレンジ 最終結果
優勝 Hurley(ハーレー)
2位 JACKS(ジャックス)
3位 BUELL WETSUITS(ビューエル ウェットスーツ)
4位 RUSTY(ラスティ)



2011 Katin Pro/Am Team Challenge は、こちらのサイトから


Billabong ASP World Junior Championshipと2011 Katin Pro/Am Team Challenge についてのニュースはこちら
1月17日 Billabong ASP World Junior Championship はマーク・ラコマーが制覇!!
1月14日 Billabong ASP World Junior Championship 7日目もキャンセル!! 明日には再開か!?
1月13日 Billabong ASP World Junior Championship 6日目はキャンセル!! より良いコンディションでの再開か!?
1月12日 Billabong ASP World Junior Championship 5日目 トップジュニアサーファーが続々と敗退!!
1月11日 Billabong ASP World Junior Championship 日本人選手は全員敗退!! 2011 Katin Pro/Am Team Challenge 優勝はティム・カラン!!
1月07日 週末はライブ中継でサーフィン大会を楽しもう!! Billabong ASP World Junior Championshipと2011 Katin Pro/Am Team Challenge


2011 Katin Pro/Am Team Challenge のサーフィン大会会場


より大きな地図で Huntington Beach(ハンティントンビーチ) を表示



戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典