サーフィンニュース

13歳の最年少プロサーファー 稲葉 玲王が読売新聞の朝刊に登場!!


昨年の 10月に茨城県で開催された JPSA ムラサキプロ鉾田のプロトライアルで見事合格し、13歳にして史上最年少プロサーファーとなった稲葉 玲王(イナバ・レオ)が、本日 5日の読売新聞(千葉版)の朝刊に紹介されています!! まだまだ体つきは中学生ですが、大人顔負けのサーフィンで記録をぬりかえ、日本全国から注目を浴びているプロサーファーです!!



=====================================================================
現役時代に日本サーファー界の「カリスマ」と呼ばれた日本プロサーフィン連盟理事長牛越峰統さん(39)は「波の上での回転やジャンプを得意とする彼のスタイルは、新時代の世界基準」と高い評価を与え、「体が大きくなって、安定したライディングができるようになれば、大人のプロとも対等に渡り合える」と将来性にも太鼓判を押す。実は、5歳までは「カナヅチ」だった。父康宗さんが「初めて水に入るなら、絶対ここ」と、ハワイの海に無理やりに入れたのがトラウマになったからだ。しかし、父もあきらめない。1年後、サーフィンは「僕にはこれしかない」という存在となった。一宮海岸では、台風の日以外は朝と夕に必ず波に乗り、休日に友達と遊んでいても、「海の時間だから」と途中で切り上げた。
=====================================================================
(3)史上最年少サーファー 稲葉玲王(れお)さん(13)(1/5) 読売新聞より引用



11月からハワイの No.1シェーパー Wade Tokoro(ウェイド・トコロ)の自宅に、ホームステイをしながら、サーフィン漬けの日々を送っているそうです。 大人の体格になった時のサーフィンを想像すると、なにかドキドキするものがあります!! 13歳とは思えない、アグレッシブなサーフィンを見せる稲葉 玲王に注目です!!



13歳で最年少プロサーファーとなった「稲葉 玲王」の部原・御宿でのサーフィンです。(2010年11月に撮影)

最年少プロサーファー稲葉玲王 from 海上最強.com on Vimeo.

*このサーフィン動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。



DEEP SURF(ディープサーフ)のホームページはこちらから



戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典