サーフィンニュース

ミック、デーン・レイノルズがラウンド 3で敗退!! Quiksilver Pro France


10月4日より フランスで ASP ワールドツアー第 8戦 Quiksilver Pro France(クイックシルバー プロ フランス)が開催されています。(ホセゴー近辺の波の良い場所でコンテストが行われます)


※このコンテストでは、ジュニアイベント Quiksilver King Of The Groms(クイックシルバー キング オブ ザ グロムス)が同時開催となります。


開催期間 10月4日(火)~ 10月13日(木) 時差-7時間(サマータイム期間中)
賞金総額 $425,000 (日本円で 約3260万円 1ドル77円で計算)



このサーフィン動画は Quiksilver Pro France ラウンド3のハイライト動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube Quiksilver



フランスで開催中のワールドツアー第 8戦「Quiksilver Pro France」は、コンテスト 6日目にラウンド 3の全ヒートを消化しました。 昨年の今大会で優勝しているMick Fanning(AUS)(ミック・ファニング)は、ラウンド 3のヒート 1でTaylor Knox(USA)(テイラー・ノックス)と対戦しますが、ヒート終盤に逆転を許してしまい、ミックがこのラウンドでまさかの敗退となってしまいました。



現在カレントリーダーのKelly Slater(USA)(ケリー・スレーター)は、ヒート 6でワイルドカードのRamzi Boukhiam(MOR)(ラムジィ・ボウキアム)と対戦すると、キレキレのサーフィンを連発し、9.00ポイントのハイスコアを含む、トータル 16.90で次のラウンド 4へコマを進めました!!



続くヒート 7では、Jordy Smith(ZAF)(ジョディ・ スミス)と、Dane Reynolds(USA)(デーン・レイノルズ)の注目の対決が行われ、終始ヒートの主導権をにぎっていたジョディが、次のラウンド 4へ進出しました!! 惜しくも負けてしまったデーンは、このヒートで 8.50ポイントのハイスコアをマークしますが、あと一歩届かず敗退となってしまいました。



その後のヒート 10に登場したTaj Burrow(AUS)(タジ・バロウ)は、Travis Logie(ZAF)(トラビス・ロギー)と対戦すると、両者ともに白熱した戦いを見せますが、ヒート終盤に 7.47ポイントをマークし、逆転に成功したタジが、次のラウンド 4へとコマを進めました!!



同時開催されているジュニアイベント Quiksilver King Of The Groms(クイックシルバー キング オブ ザ グロムス)に出場中の仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ)は、ラウンド 2を勝ち上がりましたが、続くラウンド 3で 3位となってしまい、敗者復活戦となるラウンド 4へと回りました。 仲村 拓久未はラウンド 4のヒート 3に登場します。


また日本でもお馴染みの五十嵐 カノア(USA)(イガラシ・カノア)は、ラウンド 4を勝ち上がり、次のラウンドへとコマを進めています!!



コンテスト 8日目は、日本時間 11日の午後 3時ごろにコールが掛かります。 注目のケリーはラウンド 4のヒート 2で、ワールドツアー新人のGabriel Medina(BRA)(ガブリエル・メディナ)と、Adrian Buchan(AUS)(エイドリアン・ バカン)と対決します!! ぜひ注目しましょう!!



このサーフィン動画は Quiksilver King Of The Groms ラウンド2・ラウンド3のハイライト動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube Quiksilver



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを観戦しましょう!!
Quiksilver Pro France のライブ中継はこちらのサイトから
Quiksilver Pro France はこちらのサイトから
Quiksilver King Of The Groms はこちらのサイトから
(時差 -7時間 サマータイム期間中)


Quiksilver Pro France のサーフィン大会会場


より大きな地図で La Graviere(ラ グラヴィエール) を表示







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典