サーフィンニュース

ここ最近の千葉県、地震が多くないですか…!?


ここ最近の千葉県では小規模な地震が多く観測され、気象庁でも千葉県東方沖を中心とする地震に、注意するよう呼びかけています。


気象庁によりますと、千葉県東方沖やその周辺では、フィリピン海プレートという海底の岩盤が陸側の岩盤の下に沈み込んでいる影響で地震活動が活発になることがあり、26日ごろから小規模な地震が相次ぎ、千葉県で震度2や1の揺れを観測しています。また、国土地理院や防災科学技術研究所の発表によりますと、房総半島に設置している傾斜計やGPSの観測点では、26日以降、地下の岩盤の境目がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」という現象とみられる僅かな地殻変動が観測されています。こうした活動は、平均で6年程度の間隔で繰り返し起きていますが、活動に伴ってマグニチュード4から5程度のやや規模の大きな地震が起きることがあり、前回、4年前の平成19年8月の地震活動では、最大、震度5弱の揺れを観測しました。気象庁は「今回の地震活動は過去の例よりも低調だが、念のため揺れに注意してほしい。

千葉東方沖 念のため地震に注意を NHKニュース より引用


千葉県内でサーフィンする方は今一度、近隣のサーフショップなどで津波ハザードマップを再確認し、自分の避難ルートを良く確認しておきましょう。



参考にした記事はこちらから
千葉東方沖 念のため地震に注意を NHKニュース







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典