サーフィンニュース

プロトライアル通過者が決定!! ショート最終戦「ガルーダ トラベルシーンプロ」


11月10日より インドネシア バリ島 Keramas(クラマス)で JPSA ジャパンプロサーフィンツアー 2011 ショートボード最終戦 ガルーダ・インドネシア トラベルシーンプロが開催されています。


開催期間 11月10日(木)~11月14日(月)
賞金総額 300万円(男子240万円 女子60万円)



現地時間10日の ガルーダ・インドネシア トラベルシーンプロ はプロトライアルが行われ、トップアマチュア選手達がJPSA公認プロ資格の獲得を目指して、白熱した戦いを繰り広げていました!! プロ本戦に勝ち上がったトップアマチュアサーファーは男子25名、女子9名となりました!!



男子
加瀬 優 小泉 真 山口 和樹 上原 海 菅野 大典 西 太輔 下田 泰成 大江 良太 鈴木 健太 新名 駿平 伊波 享
萩原 章太 浜瀬 海 糸数 辰徳 杉田 圭司 山中 海輝 鈴木 藍策 佐々木 健二 石井 勇貴 西 寛之 鈴木 將士 森 宣仁
杉田 研二 高橋 賢作 菊田 雅彦


女子
都 寿子 田中 愛子 鈴木 香那 福田 まゆみ 岡野 尚子 辻尾 友香里 田部井 加菜子 阿住 聡子 矢野 恵



明日の本戦ラウンド1を勝ち上がれば、JPSA公認プロ資格を獲得することが出来ます!! 34名のトップアマチュアサーファーの皆さん、JPSA公認プロ資格獲得を目指して頑張って下さい!!



本日のコンテストはオフとなっており、明日から本戦ラウンド1がスタートします。 このコンテストは最終戦という事もあり、今大会でグランドチャンピオンが決定します!! JPSAのツアーは全6戦中、上位5戦のポイント合計で年間ランキングを決定するため、グランドチャンピオンの行方はまだまだわかりません!!



男子では、現在カレントリーダーの田中 英義(タナカ・ヒデヨシ)が7340pt、2位の高梨 直人(タカナシ・ナオト)が7070pt、3位の田中 樹(タナカ・イズキ)、椎葉 順(シイバ・ジュン)が6200pt、5位の中村 昭太(ナカムラ・ショウタ)が5830ptとなっています!! なかでも田中 英義、田中 樹、椎葉 順は、今シーズン1度も優勝していないので、この最終戦を制してグラチャンを狙って欲しいです!!



一方女子の方では、ツアー2連勝を決めている現在カレントリーダーの庵原 美穂(イハラ・ミホ)が8400pt、2位の谷口 絵里菜(タニグチ・エリナ)が7750ptとなっています!! 庵原 美穂が初のグランドチャンピオンとなるのか!? 谷口 絵里菜が2年ぶりのグランドチャンピオンとなるのか!? 最後まで目が離せません!!



またこのコンテストには他にも、男子では昨年のグランドチャンピオン大澤 伸幸(オオサワ・ノブユキ)や、トップジュニアサーファーの大橋 海人(オオハシ・カイト)、加藤 嵐(カトウ・アラシ)、外国勢からはNick Mita(ニック・ミタ)、Pepen Hendrik(IDN)(ペペン・ヘンドリック)や、女子の方では、昨年のグランドチャンピオン大村 奈央(オオムラ・ナオ)などが、JPSAコンテストへ久々に出場します!!



このコンテストはライブ中継が配信されていますので、グランドチャンピオンが決定する瞬間を見逃さないようにしましょう!!


ガルーダ・インドネシア トラベルシーンプロ のライブ中継はこちらから(時差 -1時間 サマータイムなし)
ガルーダ・インドネシア トラベルシーンプロ のライブスコアはこちらから
ガルーダ・インドネシア トラベルシーンプロ のヒート表などはこちらから



ガルーダ・インドネシア トラベルシーンプロ のサーフィン大会会場


より大きな地図で Keramas(クラマス) を表示







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典