サーフィンニュース

普通の波と津波の違い 高さ50cmの津波の威力


津波注意は解除になりましたが、気象庁は今後3日以内に、マグニチュード7以上の余震が起きる確率は、70%以上と13日午後に発表しました。サーフィンするのはやめておきましょう。



今、無理をしてサーフィンすることのリスクとしては以下のことが考えられます。
 ・サーフィン中は、ニュースなどの情報を知ることが難しい
 ・サーフィン中は地震の揺れを感じることが、ほぼ不可能
 ・震源地が近い場合、突然目の前に津波が現れる可能性もある
 ・津波が来た場合、ドルフィンスルーは絶対不可能



国内の深刻な状況や、数々の警告を無視してサーフィンするよりも、「サーフィンに行ったつもり」で募金などに協力できれば、素敵なコトだと思います。



JPSA(日本プロサーフィン連盟)では、「東北地方太平洋沖地震義援金 -PRAY for SURF-」がスタートしました。この義援金は、被災地の支援を行うために使われます。義援金使途は随時 JPSA サイト内で公開するそうです。
くわしくはこちら → 「東北地方太平洋沖地震義援金 -PRAY for SURF-」



津波に関する知識が少ないと、高さ50cm とか 1m などの数字を軽視しがちです。下記の動画で津波の怖さを知り、余震の可能性がある間は、サーフィンはやめておきましょう。


この動画は「普通の波と津波の違い 高さ50cmの津波の威力」です。クリックで再生。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube taitai55



こちらも参考になります。→ 気象庁 | 津波について



この動画は「すべてを飲み込む津波1 (2011.3.11 岩手県 野田村 下安家地区) 」です。クリックで再生。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube grydy707





戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典