サーフィンニュース

オニール コールドウォーター クラシック ニュージーランドを制したのは、アダム・メリング!!


3月 23日より ニュージーランド Gisborne(ギズボーン)で開催されていた ASP メンズ 6スター O'Neill Coldwater Classic New Zealand(オニール コールドウォーター クラシック ニュージーランド)が終了しました。


開催期間 3月 23日(水)~ 3月 29日(火) 時差 +4時間(サマータイム期間中)
賞金総額 $85,000(日本円で 約1200万円 1ドル 81円で計算)



このサーフィン大会は、その名の通りに海水が冷たい場所で行われるサーフィン大会になっており、今年は 3戦行われます。
3月23日~29日 6スター ニュージーランド   4月13日~19日 6スター スコットランド
10月15日~21日 6スター カナダ



このサーフィン動画は O'Neill Coldwater Classic New Zealand ファイナルデーのハイライト動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。



見事コンテストを制したのは、現役 WTサーファーのAdam Melling(AUS)(アダム・メリング)となりました!! ファイナルではWillian Cardoso(BRA)(ウイリアム・カルドゾ)と対戦し、ヒート序盤はリードされてましたが、終了間際にアダムが逆転の 8.03ポイントを叩き出し、勝利をモノにしました!!



またこのサーフィン大会には、大野 修聖、(オオノ マサトシ)、大澤 伸幸(オオサワ・ノブユキ)、辻 裕次郎(ツジ・ユウジロウ)、大橋 海人(オオハシ・カイト)の 4人の日本人選手が出場していましたが、大橋 海人はラウンド 144で敗退、大野マーと大澤 伸幸はラウンド 96で敗退、辻 裕次郎はラウンド 48で敗退となってしまいました。



次なる戦いの場は、4月 4日から行われる、メンズプライムイベント The Drug Aware Pro(ザ ドラッグ アウェア プロ)に、大野 修聖がエントリーしています!! また4月 13日から行われる、メンズ 6スターイベント O'Neill Coldwater Classic Scotland(オニール コールドウォーター クラシック スコットランド)には、大澤 伸幸、田嶋 鉄兵、辻 裕次郎がエントリーしています!! ぜひ期待しましょう!!



O'Neill Coldwater Classic New Zealand 最終結果
優勝 Adam Melling(AUS)(アダム・メリング) $ 20,000(約 160万円)
2位 Willian Cardoso(BRA)(ウイリアム・カルドゾ) $ 10,000(約 80万円)
3位 Tom Whitaker(AUS)(トム・ウィッタカー) $ 5,000(約 40万円)
4位 Stu Kennedy(AUS)(スチュ・ケネディ)  $ 5,000(約 40万円)



O'Neill Coldwater Classic New Zealand はこちらのサイトから


O'Neill Coldwater Classic New Zealand のサーフィン大会会場


より大きな地図で Pines(パインズ)、Gizzy Pipe(ギジー パイプ) を表示



Vans Pier Classic presented by Jack's Surfboards のニュースはこちら
3月29日 オニール コールドウォーター クラシック ニュージーランドを制したのは、アダム・メリング!!
3月28日 辻 裕次郎はラウンド 48で敗退!! オニール コールドウォーター クラシック ニュージーランド
3月25日 オニール コールドウォーター クラシック ニュージーランドでは、辻 裕次郎がラウンド 48に進出!!
3月24日 O'Neill Coldwater Classic New Zealand 2日目 大野 修聖と大澤 伸幸が敗退!!
3月23日 メンズ 6スター O'Neill Coldwater Classic New Zealand がスタート!! 大野 修聖など 4人の日本人選手が挑む!!



戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典