サーフィンニュース

大野 修聖とケリーがラウンド 24で敗退!! ザ ドラッグ アウェア プロ 6日目


4月 3日より オーストラリア Margaret River(マーガレット リバー)で ASP メンズプライムイベント・ウィメンズ 6スター The Drug Aware Pro(ザ ドラッグ アウェア プロ)が同時開催中です。


開催期間 4月 3日(日)~ 4月 10日(日) 時差 -1時間(サマータイムなし)
賞金総額 メンズ   $250,000(日本円で 約2100万円 1ドル 83円で計算)
        ウィメンズ $35,000(日本円で 約300万円 1ドル 83円で計算)



このサーフィン動画は The Drug Aware Pro 5日目のハイライト動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube mesurftv



昨日のコンテスト 5日目、ラウンド 48のヒート 6に、日本人として唯一参戦している大野 修聖(オオノ・マサトシ)が登場し、皇帝Kelly Slater(USA)(ケリー・スレーター)との注目の一戦が行われました!! 同じヒートには現役 WTサーファーMatt Wilkinson(AUS)(マット・ウィルキンソン)、ブラジルの若手サーファーPablo Paulino(BRA)(パブロ・パウリノ)などラウンド 96に続き、手ごわい選手が揃ったヒートとなりました。



大野 修聖はセットの波を掴むと、素晴らしいターンで、5.33ポイントをマークし 2位の位置につきます!! その後すぐにケリーはセットを掴むと、深いボトムターンからのアクションで 6.83ポイントをマークします!! ケリーの勢いはそれだけでは止まらず、再びセットを掴むとダメ押しの 8.67ポイントをマークして、一気の他の選手を引き離します!! ヒート終盤、大野 修聖はライトのセットを掴むと、4.33ポイントをマークしてそのまま逃げ切り、ケリーに続き 2位でラウンドアップを決めました!!



そして本日コンテスト 6日目、ラウンド 24に進出した大野 修聖はヒート 5に登場し、ラウンド 96で対決した WTサーファーDamien Hobgood(USA)(ダミアン・ホブグッド)と、マンオンマンヒートでの再戦となりました!! 開始早々ダミアンがファーストウェーブを掴むと、カットバックでインサイドまでしっかりとまとめ、5.00ポイントをマークします。


大野 修聖も数分後、深いボトムターンから垂直リップを決め、4.50ポイントをマークします!! その後ダミアンもセットを掴むと 4.00ポイントをマークし、大野 修聖もあと 1本が欲しい状況になりますが、イイ波に乗れずになかなかポイントが出せません。 最後まで粘りますが、惜しくもこのラウンドで敗退してしまいました。



続くヒート 6にはケリーが登場し、ニュージーランドのBilly Stairmand(NZL)(ビリー・ステアマンド)と対戦しました!! ヒート序盤からケリーが 7.50ポイントをマークし、幸先の良いスタートを切りますが、その後ビリーがセットを掴むと、7.50ポイントをマークし、序盤から白熱した戦いとなります。


ビリーの勢いは止まらず、さらにセットを掴むと 9.00ポイントをマークし、ケリーが一気にキビしい状況に立たされます!! 残り 3分、誰もがケリーの勝利を諦めましたが、ケリーはセットの波を掴むと、テイクオフからチューブ、素晴らしいトップターンを決めます。 ですが出たポイントは 8.00!! あと 1ポイント届かず、このラウンドでまさかの敗退となってしまいました!!



大野 修聖は今大会 13位でフィニッシュとなりました!! 今大会は惜しくも負けてしまいましたが、ケリーとの激戦を繰り広げたり、現役 WTサーファーを敗るなど、素晴らしい活躍を見せてくれました!! 日の丸を背負って戦ってくれた 大野 修聖に大きな拍手を送りたいです!!



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを堪能しましょう!!
The Drug Aware Pro はこちらのサイトから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!(時差 -1時間 サマータイムなし)



The Drug Aware Pro のサーフィン大会会場


より大きな地図で Margaret River(マーガレット リバー) を表示





戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典