サーフィンニュース

日本人サーファー全員がラウンドアップ!! O'Neill Coldwater Classic Scotland


4月 13日より スコットランド Thurso(サーソー)で ASP メンズ 6スター O'Neill Coldwater Classic Scotland(オニール コールドウォーター クラシック スコットランド)が開催されています。


開催期間 4月 13日(水)~ 4月 19日(火) 時差 -8時間(サマータイム期間中)
賞金総額 $145,000(日本円で 約1200万円 1ドル 83円で計算)



このサーフィン大会は、その名の通りに海水が冷たい場所で行われるサーフィン大会になっており、今年は 3戦行われます。
3月23日~29日 6スター ニュージーランド   4月13日~19日 6スター スコットランド
10月15日~21日 6スター カナダ



ついにコールドウォーター第 2戦が昨日スタートし、コンテスト初日はラウンド 96の途中までヒートが消化しました。 ラウンド 96のオープニングヒートには、日本から出場している辻 裕次郎(ツジ・ユウジロウ)が登場しました!! 同じヒートではDion Atkinson(AUS)(ディオン・アトキンソン)、Stephen Walsh(AUS)(スティーブン・ウォルシュ)などのトップサーファーと対戦し、辻 裕次郎は 8.07のハイポイントなどをマークして、ディオン・アトキンソンに続いて 2位でラウンドアップを決めました!!



ヒート 8には大澤 伸幸(オオサワ・ノブユキ)が登場し、Gony Zubizarreta(ESP)(ゴニー・スビサレッタ)などと対戦しました!! 大澤 伸幸は中盤に差し掛かると、5.30ポイントをマークし 2位の位置につけると、残り 7分に 6.33ポイントをマークしトップに立ちます!! その後も最後まで逆転を許す事はなく、堂々の 1位で次のラウンドにコマを進めました!!



ヒート 13には田嶋 鉄兵(タジマ・テッペイ)が登場しました!! ヒート序盤から波をキャッチするもポイントを出せず、終盤までトップに立つ事が出来ません。 誰もがラウンドアップを諦めかけてましたが、残り 11秒で波をキャッチすると、なんと 6.17ポイントをマークして大逆転に成功し、2位でラウンドアップを決めました!!



次の日本人サーファーの登場予定は(※出場順)
辻 裕次郎はラウンド 48のヒート 2
大澤 伸幸はラウンド 48のヒート 4
田嶋 鉄兵はラウンド 48のヒート 8となります。


コンテスト 2日目は、日本時間の夕方 4時ごろからコールがあります。 初日の好調を維持して、次のラウンド 48も勝ち上がって欲しいです!! またこのコンテストはライブ中継があります。 ぜひ日本人選手に大きなエールを送りましょう!!



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを堪能しましょう!!
O'Neill Coldwater Classic Scotland はこちらのサイトから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!(時差 -8時間 サマータイム期間中)


O'Neill Coldwater Classic Scotland のサーフィン大会会場


より大きな地図で Thurso(サーソー) を表示





戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典