サーフィンニュース

ASP ジャパンツアー開幕戦 MALIBU Amami Island Pro がスタート!!


5月 13日より 奄美大島 龍郷町 手広海岸(てびろかいがん)で ASP JAPAN WQS 2スター
MALIBU Amami Island Pro(マリブ アマミ アイスランド プロ)が開催されています。

※このサーフィン大会は ジュニア Grade 1 『Quiksilver Amami Island Pro Junior』と
カデット Grade 1 『Quiksilver King of the Grommet Amami』の同時開催です。


開催期間   メンズ        5月 13日(金)~ 5月 15日(日)
       ジュニア・カデット  5月 14日(土)~ 5月 15日(日)
賞金総額   メンズ        $25,000(日本円で 約 200万円 1ドル 81円で計算)
       ジュニア       $5,000(日本円で 約 40万円)
       カデット       No prize



ついに ASP ジャパンツアー開幕戦MALIBU Amami Island Pro(マリブ アマミ アイスランド プロ)がスタートしました!! このサーフィン大会は、奄美大島の地元の方々による実行委員会の強い意思により、東日本大震災のチャリティーイベントも兼ねての開催とっています。



今大会の注目ポイントはなんと言っても、ベテラントップサーファーVS若手トップサーファーの対決です!! そんな中、若手注目サーファーの仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ)はラウンド 48のヒート 4に登場し、素晴らしいサーフィンを見せて、1位でラウンドアップを決めています!! ラウンド 48のヒート 4には、トップジュニアサーファー新井 洋人(アライ・ヒロト)が登場しました!! 新井 洋人はヒート後半に、7.25と 7.00のハイポイントなどをマークして、1位で次のラウンドにコマを進めています!!



ラウンド 32に入りヒート 1では、昨年の JPSA グランドチャンピオンの大澤 伸幸(オオサワ・ノブユキ)と、地元サーファーの森 哲太(モリ・テッタ)などが対決しました!! 後半では 森 哲太が 8.00のハイポイントをマークし、地元サーファーの意地を見せて 1位でラウンドアップを決めました!! また 森 哲太に続いて 大澤 伸幸も 2位でラウンドアップを決めています!!



今後も注目のベテラントップサーファーが続々と登場します!! 昨年の ASPジャパンを制した田中 英義(タナカ・ヒデヨシ)や、田中 樹(タナカ ・イズキ)、田中 ジョー(タナカ・ジョー)、林 健太(ハヤシ・ケンタ)、高梨 直人( タカナシ・ナオト)など続々と登場します!!



また若手トップサーファーからも目が離せません!! 昨年の ASPジャパン ジュニアを制した大橋 海人(オオハシ・カイト)や、高橋 健人(タカハシ・ケント)、加藤 嵐(カトウ・アラシ)、田中 海周(タナカ・カイシュウ)、松岡 慧斗(マツオカ・ケイト)、菜花 卓也(ナハナ・タクヤ)などの若手サーファーが、トップシードとしてエントリーしています!! ベテランサーファーにどう立ち向かうのか注目です!!



注目選手の登場予定は(※出場順)
加藤 嵐はラウンド 32のヒート 2
田中 海周はラウンド 32のヒート 2
林 健太はラウンド 32のヒート 3
松岡 慧斗はラウンド 32のヒート 3
田中 英義はラウンド 32のヒート 4
高梨 直人はラウンド 32のヒート 5
田中 ジョーはラウンド 32のヒート 6
菜花 卓也はラウンド 32のヒート 6
大橋 海人はラウンド 32のヒート 7
田中 樹はラウンド 32のヒート 7
高橋 健人はラウンド 32のヒート 8となります。



ホームページからはライブ中継も見る事が出来るので、日本のトップサーファーの白熱した戦いを観戦しましょう!!



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、トップサーファー達のサーフィンを堪能しましょう!!
MALIBU Amami Island Pro はこちらのサイトから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!


MALIBU Amami Island Pro のサーフィン大会会場


より大きな地図で 手広海岸(てびろかいがん) を表示







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典