サーフィンニュース

地元サーファーが中心となった復興活動の様子(福島県 いわき市)



この動画は NSA福島 2区のサーファーが中心となって、復興活動を行っている様子です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube OUTBACKFILMjp



3月11日の東日本大震災を受けて、福島県では津波で大きな被害を受けました。 福島県の各サーフポイントでは、未だサーフィンが出来ない状態であり、現在も復興活動が続いています。 そんな中、今月の 15日には NSA福島 2区の地元サーファーが中心となって、地元消防団やサーフィン関係者の協力のもと、福島県 いわき市周辺のサーフポイントの豊間・薄磯・二見が浦・神白と、二見でも復興活動が行われたそうです!!



当日は総勢約 200人程が集まったようで、地元の方々が協力し合って、一つになっているのが動画を見てわかります。 今後もこの様な活動は継続的に行っていくそうです。 東北地方のサーフポイントでサーフィンをするまでには、かなり時間がかかりそうですが、一日でも早い復興を願うばかりです。







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典