サーフィンニュース

日本の南に台風2号が発生!! 台風1号よりも発達する予報


日本の南に台風2号が発生!! 台風1号よりも発達する予報

台風2号(ソングダー)は、現在フィリピンの東の海上をゆっくりと、北西の方向に進んでいます。今朝の中心気圧は 985hPa です。



今回の台風2号は、前回の台風1号よりも発達しそうです。



気象庁の予報によると、24日6時には 975hPaに。25日3時には 955hPaに。26日3時には 940hPaに発達する予報です。




台風1号よりも発達する理由は
・台風1号より南の海上で発生した
・台風1号が通過したときよりも、海水温が高い
・台風1号は、フィリピンの小さな島々を通過し、さらに北部のルソン島に上陸し勢力を奪われた

まとめると、台風2号は、台風1号よりも温かい海の上をゆっくり勢力を強めながら進むようです。



台風1号は、消滅したあとも前線を刺激して、各地で大雨を降らせるなどしましたが、台風らしいウネリは弱く、どちらかと言えばサーフィンよりも災害の色が強い台風でした。



災害をもたらす台風は困りますが、サーファーが大波を楽しめる波を、送り届けてくれる台風なら大歓迎です。



今年は東日本大震災により、東北地方が大変なダメージを受けているので、本格的な台風シーズンを迎える前に、少しでも復興が進み、政府も早めの対策をしてくれることを望みます。



*画像の熱帯低気圧及び台風の位置は、気象庁の台風情報を参考に制作したおおまかなもので、正確な位置ではありません。
詳細を確認したい方は気象庁のページをチェックしてください。→ 気象庁 | 台風情報







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典