サーフィンニュース

台風2号は温帯低気圧に。千葉東エリアはバックスウェルが長く続くことに期待


台風2号は温帯低気圧に。千葉東エリアはバックスウェルが長く続くことに期待

台風2号(ソングダー)は、29日15時に消滅して温帯低気圧に変わりました。今朝は東海地方の南を東へ進んでいます。



今朝の中心気圧は 988hPa にまでパワーダウンしました。今後は気象庁の予報によると
30日21時には 986hPa
31日21時には 990hPa
とだんだん弱まりながら進む予報です。



沖縄県では最大瞬間風速 55.3メートルを観測し、最大で27万世帯が停電。61人が重軽傷。農作物の被害額は、約29億円という大変な被害となってしましました。


今朝の各地に届いている台風スウェルは
沖縄・スーサイドでは、すでにダウン傾向
宮崎・木崎浜でも、ムネ前後
四国・生見でも、コシ前後
伊良湖エリアは、クローズ中
静岡・多々戸は、クローズ中
湘南・鵠沼は、頭前後
千葉・鴨川も、頭前後
千葉・一宮は、ハラ~ムネとなっています。



台風が日本に近いエリアを通って行ったために、サイズダウンは早く進みそうです。明日サーフィンをするのであれば、北風をかわすことができる、ウネリに敏感なサーフポイントが狙い目になりそうです。



千葉東エリアのサイズアップは、これからになりそうですが、明日もサイドショア~オンショアの風が強く吹く予報のため、クローズしてしまいそうなので、バックスウェルが明後日以降も続くことに期待したいです。



*画像の熱帯低気圧及び台風の位置は、気象庁の台風情報を参考に制作したおおまかなもので、正確な位置ではありません。
詳細を確認したい方は気象庁のページをチェックしてください。→ 気象庁 | 台風情報







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典