サーフィンニュース

スーパーサーフ スター 2011 がスタート!! トップサーファー達が白熱した戦いを見せる!!


5月 31日より ブラジル サンタ カタリーナ州 Imbituba(インビトゥバ)で ASP メンズプライムイベント
SuperSurf Star 2011(スーパーサーフ スター)が開催されています。


開催期間   5月 31日(火)~ 6月 5日(日) 時差 -12時間(サマータイム期間外)
賞金総額     $250,000(日本円で 約 2000万円 1ドル 81円で計算)



コンテスト初日はラウンド 96の途中までヒートが消化しました。 オープニングヒートには、ブラジルのトップサーファーJadson Andre(BRA)(ジャドソン・アンドレ)が登場し、オーストラリアのAdam Robertson(AUS)(アダム・ロバートソン)などと対戦すると、トータル 15.84ポイントをマークし、圧倒的な強さを見せて次のラウンドにコマを進めました!!



その後のヒート 4には、ブラジルの現役 WTサーファーRaoni Monteiro(BRA)(ラオニ・モンテイロ)が登場し、ハワイのMason Ho(HAW)(メイソン・ホー)と、トップジュニアのKolohe Andino(USA)(コロヘ・アンディーノ)、Caio Ibelli(BRA)(カイオ・イベリ)と対戦すると、2位で メイソン・ホーに続きラウンドアップを決めました!!



またヒート 12に登場したブラジルのトップ WTサーファーAdriano de Souza(BRA)(エイドリアーノ・デスーザ)は、オーストラリアのLincoln Taylor(AUS)(リンコーン・テイラー)などと対戦しますが、前戦のプライムイベントと同じく、ラウンド 96でまさかの敗退となってしまいました。 ワールドツアー第 3戦を制しただけに、ここでの敗退は非常に残念です。



日本からエントリーしている大野 修聖(オオノ・マサトシ)はラウンド 96のヒート 19で、オーストラリアのトップサーファーDion Atkinson(AUS)(ディオン・アトキンソン)、Dylan Graves(PRI)(デュラン・グラビス)、Gustavo Fernandes(BRA)(グスタボ・フェルナンデス)と対決します!! ハードなヒートが予想されますが、今大会も上位を目指して頑張って欲しいです!!



またトライアルラウンドにエントリーしていた辻 裕次郎(ツジ・ユウジロウ)は、今大会をキャンセルしていたようです。 残念ですが次回の活躍に期待したいです!! コンテスト 2日目は日本時間の夕方 7時半からコールがあります!! 2日目はラウンド 96のヒート 17から再開するので、大野 修聖は早めの登場となります。 ぜひライブ中継で大きなエールを送りましょう!!



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを堪能しましょう!!
SuperSurf Star 2011 はこちらのサイトから
ライブ中継は「Live Webcast」をクリック!!(時差 -12時間 サマータイム期間外)


SuperSurf Star 2011 のサーフィン大会会場


より大きな地図で Imbituba(インビトゥバ) を表示







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典