サーフィンニュース

各波情報サイトが飯岡エリアと茨城エリアの波情報を再開!!



3月 11日の東日本大震災を受け、被災されたサーフポイントでは、サーフィン出来ない状況などが続いていました。 ですが復興が徐々に進んでいるという事もあり、各波情報サイトでは、千葉県 飯岡エリアと茨城県の各サーフポイントの波情報の再開を決定しました!!


千葉県 飯岡エリアでは、地域住民の方々の理解が得られたなどとして、サーフィンできるムードになってきています。 また茨城県の 17ヶ所の海水浴場で、海水の放射能濃度の測定を行い、どの海水浴場もすべて不検出だったため、日本波情報連絡会は、茨城県の各サーフポイントの波情報を 17日(金)より再開する事を決定しました!!


ただ波情報が再開したからと言って、『安全にサーフィンが出来る』という訳ではありません。 放射能の測定結果や、被災したサーフポイントの被害状況などの情報を入手して、自己判断でサーフィンしましょう。



飯岡マンション下』と『信号下ポイント』

◆『飯岡マンション下』と『信号下ポイント』の注意点


もともとあった消波ブロックが、津波の影響で崩れテトラポットがビーチ側に落ちています。 左側の画像を参考に、下記の注意点を確認して下さい。


A:満潮時にはほとんど見えないテトラが落ちています。 ただしゲットする時は要注意です。


B:被災した漁船から流れた漁網が沈んでいるので、絶対に近づかないで下さい!!


C:満潮時にはほとんど見えず、干潮時でもわずかに見えるだけのテトラが落ちていますが、左側のピークからのレギュラー方向へのサーフィンは危険です。 ゲットする時は要注意です。


D:消波ブロックの内側から岸に向って、多数のテトラが落ちており、複雑な流れが発生する事もあるので、絶対に近づかないで下さい。



◆『飯岡荘前~西側』の注意点


ゲットやサーフィンするラインに、テトラが落ちており大変危険です。 海底のテトラの位置を把握しているローカルの方々でも慎重に入っている状況で、駐車スペースも無いので、他のエリアから来るサーファーの方はご遠慮ください。



◆『椎名内』の注意点


安太郎下ポイントは安全ですが、堤防より東側のポイントには、テトラが落ちており非常に危険です。 現在、椎名内ポイントには 20台ほどの駐車スペースしかございません。 満車時は飯岡方面の駐車場を利用し、徒歩でアクセスするようにしてください。 もちろん路上駐車は厳禁です!! また現在椎名内エリアにはトイレがありません。



大きな余震や津波の危険性も完全に無くなった訳ではありません。 その様な災害が起きた時の事を想定して、自分がサーフィンするエリアの避難所や避難経路を再度確認してから、サーフィンするようにしましょう。 また被災地ローカルサーファーや地域住民の方々に迷惑が掛からないよう、被災地への配慮ある行動を心がけましょう。



※7月14日追記 NSA(日本サーフィン連盟)のホームページより、飯岡ローカルの方々が作成した、テトラポットの散乱場所や、駐車場が利用できるかなどを明記した、ビーチ情報マップが公開されています!! 飯岡エリアでサーフィンする方は、よく確認しておきましょう。
詳しくはこちらから  【千葉銚子 飯岡海岸のテトラポット散乱場所のビーチ情報マップについて】



参考にしたサイトはこちら

飯岡/椎名内の波情報再開に際し サーフィンニュース&レポート BCMサーフパトロール

飯岡・椎名内ポイントの注意点 i92ブログ - 波通 (i92) サーフィン総合サイト

飯岡マンション下・信号下ポイントの注意点 波伝説ドットコム・・・サーフィンと海の総合サイト

『茨城県波情報再開』のお知らせ(6月15日更新) i92ブログ - 波通 (i92) サーフィン総合サイト







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典