サーフィンニュース

日本代表選手は全員敗退!! Billabong ISA World Surfing Game 4日目


6月 25日より パナマ Playa Venao(プラヤ ベナオ)で Billabong ISA World Surfing Game 2011(ビラボン アイエスエー ワールド サーフィン ゲーム)が開催されています。

開催期間   6月 25日(土)~ 7月 2日(土) 時差 -14時間(サマータイムなし)



このサーフィン大会はサーフィンのオリンピックという感じで、全世界からプロアマ問わずに、その国の代表選手達で金メダルをかけて戦います。 日本代表からは 6名のサーファーがエントリーしています。


メンズオープンクラス

鈴木 智喜(スズキ・トモヨシ)  井上 達貴(イノウエ・タツキ)

ウィメンズオープンクラス

清永 亜希子(キヨナガ・アキコ) 阿住 聡子(アズミ・サトコ)

ロングボードオープンクラス

岡崎 生水(オカザキ・ユウク)  中山 祐樹(ナカヤマ・ユウキ)



このサーフィン動画は Billabong ISA World Surfing Game 2011 3日目のハイライト動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube billabong



コンテスト 4日目は、メンズオープンクラスのラウンド 4、リパチャージ ラウンド 4と、ウィメンズオープンクラスのラウンド 3、リパ ラウンド 2と、ロングボードオープンクラスのラウンド 3、リパ ラウンド 3の全ヒートを消化しました。 メンズオープンクラスのリパチャージ ラウンド 2のヒート 6には、井上 達貴(イノウエ・タツキ)が登場しましたが、惜しくもこのラウンドで敗退となってしまいました。 その後のヒート 8に登場した鈴木 智喜(スズキ・トモヨシ)も、残念ながらこのラウンドで姿を消してしまいました。



ウィメンズオープンクラスのリパチャージ ラウンド 2のヒート 1には、阿住 聡子(アズミ・サトコ)が登場するも、こちらも残念ながらこのラウンドで敗退となってしまいました。 ロングボードオープンクラスのリパチャージ ラウンド 2のヒート 2に登場した岡崎 生水(オカザキ・ユウク)は、3位で惜しくも姿を消してしまいました。



このコンテスト 4日目で、日本代表選手は全員敗退となってしまいました。 残念な結果となってしまいましたが、最後まで日の丸を背負って戦ってくれた、日本代表選手に大きな拍手を送りたいです!! お疲れ様でした。



海外からエントリーしている、現役 WTサーファーJeremy Flores(FRA)(ジェレミー・フローレス)は、メンズオープンクラスのリパチャージ ラウンド 5まで勝ち上がっています!! 他にもトップジュニアのThomas Woods(AUS)(トーマス・ウッズ)は、本戦ラウンド 5まで勝ち上がっています!! また元 WTサーファーNathan Hedge(AUS)(ネイザン・ヘッジ)は、リパチャージのラウンド 4で惜しくも敗退となってしまいました。



ウィメンズオープンクラスでは、現役 WTサーファーSofia Mulanovich(PER)(ソフィア・ムラノビッチ)と、Paige Hareb(NZL)(ペイジ・ハレブ)が、ラウンド 3のヒート 1で直接対決しましたが、2人ともラウンドアップを決めています!! またヒート 3に登場したSilvana Lima(BRA)(シルバンナ・リマ)は、惜しくもこのラウンドで 3位となってしまい、リパチャージのラウンドへ回る結果となりました。



コンテスト 5日目は、日本時間 29日の夜 10時頃からヒートが再開します!! 世界のトップサーファーの素晴らしいサーフィンを、ぜひライブ中継で観戦しましょう!!



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを堪能しましょう!!
Billabong ISA World Surfing Game 2011 はこちらのサイトから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!(時差 -14時間 サマータイムなし)


Billabong ISA World Surfing Game 2011 のサーフィン大会会場


より大きな地図で Playa Venao(プラヤ ベナオ) を表示







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典