サーフィンニュース

脇田 貴之はラウンド 1で惜しくも敗退!! Rip Curl Cup Padang Padang


7月 10日より インドネシアのバリ島 Padang Padang(パダン パダン)で開催されていた Rip Curl Cup Padang Padang(リップ カール カップ パダン パダン)が終了しました。


開催期間 7月 10日(日)~ 8月 14日(日) 時差 -1時間(サマータイムなし)
賞金総額 $10,000(日本円で 約77万円 1ドル 77円で計算)



この動画は Rip Curl Cup Padang Padang ラウンド 1で 脇田 貴之が登場したヒートの様子です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube Ripcurl



昨日のコンテスト会場には、前日より予想されていたスウェルがヒットしたため、本戦ラウンドがスタートし、ファイナルまでの全ヒートが行われました。


ラウンド 1のヒート 1には、トライアルで素晴らしいチューブをメイクし、見事 1位でメインラウンドに勝ち上がってきた脇田 貴之(ワキタ・タカユキ)が登場しましたが、イイ波になかなか乗ることが出来ず、残念ながらこのラウンドで敗退となってしまいました。 日本の代表として、多くのビッグウェーブコンテストに挑んでいる 脇田 貴之の今後の活躍に期待したいです!!



そして見事コンテストを制したのは、Lee Wilson(IDN)(リー・ウィルソン)となりました!! ファイナルでは素晴らしいチューブをメイクし、9.50のハイスコアをマークするなどして、見事勝利を手にしました!!



またこのサーフィン大会には、海外からDean Morrison(AUS)(ディーン・モリソン)、Alex Smith(HAW)(アレックス・スミス)、Kalani Chapman(HAW)(カラニ・チャップマン)、Chris Ward(USA)(クリス・ワード)の ASPトップサーファーや、日本でもお馴染みのPepen Hendrik(IDN)(ペペン・ヘンドリック)など、多くのトップサーファーが出場していましたが、全員敗退となってしまいました。



Rip Curl Cup Padang Padang 最終結果
優勝 Lee Wilson(IDN)(リー・ウィルソン)
2位 Made Adi Putra(IDN)(マデ・アディ・プテゥラ)
3位 Anthony Walsh(AUS)(アンソニー・ウォルシュ)
4位 Mustofa Jeksen(IDN)(ムストファ・ジャクソン)



このサーフィン動画は Rip Curl Cup Padang Padang ファイナルのハイライト動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube Ripcurl



Rip Curl Cup Padang Padang はこちらのサイトから


Rip Curl Cup Padang Padang のサーフィン大会会場


より大きな地図で Padang Padang(パダン パダン) を表示







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典