サーフィンニュース

大野修聖・林健太がラウンド16へ進出!! 田中樹・大澤伸幸は初戦敗退!! Hainan Classic


1月11日より 中国 海南島 Riyuewan Bay(リユエン ベイ)で ASP メンズ4スター Hainan Classic(ハイナン クラシック)が開催されています。


開催期間 1月11日(水)~1月14日(土) 時差-1時間(サマータイムなし)
賞金総額 $95,000 (日本円で 約730万円 1ドル77円で計算)



このサーフィン動画は現地時間12日の Hainan Classic のハイライト動画です。5:04ごろに林健太が登場します。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。



現地時間12日の Hainan Classic は、ラウンド32の途中からヒートを再開しました。ラウンド64のヒート13に登場した田中 樹(タナカ ・イズキ)は、惜しくも3位で初戦敗退となりました。その後のヒート15に登場した林 健太(ハヤシ・ケンタ)は、トータル12.74ポイントをマークし、2位で次のラウンド32にコマを進めました!! 続くヒート16に登場した大澤 伸幸(オオサワ・ノブユキ)は、惜しくも3位で姿を消すことになりました。



その後行われたラウンド32のヒート1には大野 修聖(オオノ・マサトシ)が登場し、注目サーファーのDion Atkinson(AUS)(ディオン・アトキンソン)などと対戦すると、トータル14.77ポイントをマークし、ディオン・アトキンソンに続いて2位で、次のラウンド16へコマを進めました!!



続くヒート2には辻 裕次郎(ツジ・ユウジロウ)が登場しましたが、インターフェアを犯してしまい、4位で敗退となりました。その後のヒート7で、元WTサーファーのChris Ward(USA)(クリス・ワード)などと対戦した林健太は、序盤からいきなり8.93ポイントのハイスコアをマークすると、終盤にもダメ押しの9.67ポイントのハイスコアをマークし、圧倒的な強さでクリス・ワードを破り、1位で次のラウンド16へコマを進めました!!



今後の日本人選手の登場予定は、ラウンド16のヒート2に大野修聖、ヒート4に林健太となっています!! 負けてしまった日本人選手の分まで、今後も勝ちあがることが出来るのでしょうか!? 2人のラウンドアップに期待しましょう!!



今後の日本人選手の登場予定
ラウンド16のヒート2 大野 修聖

ラウンド16のヒート4 林 健太



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを観戦しましょう!!
Hainan Classic のサイトはこちらから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!(時差-1時間 サマータイムなし)


Hainan Classic のサーフィン大会会場


より大きな地図で Riyuewan Bay(リユエン ベイ) を表示







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典