サーフィンニュース

大野修聖・林健太がクウォーターファイナルで敗退!! 5位でフィニッシュ!! Hainan Classic


1月11日より 中国 海南島 Riyuewan Bay(リユエン ベイ)で ASP メンズ4スター Hainan Classic(ハイナン クラシック)が開催されています。


開催期間 1月11日(水)~1月14日(土) 時差-1時間(サマータイムなし)
賞金総額 $95,000 (日本円で 約730万円 1ドル77円で計算)



このサーフィン動画は現地時間13日の Hainan Classic のハイライト動画です。4:24ごろに林健太が登場します。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。



現地時間13日の Hainan Classic は、ラウンド16のヒートから再開しました。ラウンド16のヒート2に登場した大野 修聖(オオノ・マサトシ)は、ヒート序盤からラウンドアップ圏内の2位につけると、その後もスコアを重ね、トータル12.20ポイントをマークし、見事2位で次のクウォーターファイナルにコマを進めました!!



ラウンド16のヒート4には林 健太(ハヤシ・ケンタ)が登場し、Heath Joske(AUS)(ヒース・ジョスク)、Marc Lacomare(FRA)(マーク・ラコマー)などのトップサーファー達と対戦すると、ヒート終盤に逆転の6.07ポイントをマークし、トップのマーク・ラコマーに続き2位で、次のクウォーターファイナル進出を決めました!!



その後行われたクウォーターファイナルからはマンオンマンヒートとなり、ヒート1に登場した大野修聖は、注目サーファーのDion Atkinson(AUS)(ディオン・アトキンソン)と対戦しましたが、終始ヒートの主導権を握ることが出来ず、惜しくもここで敗退となりました。日本人選手として残る1人となった林健太は、ヒート3でRoyden Bryson(ZAF)(ロイデン・ブライソン)と対戦しましたが、ヒート終盤に逆転を許してしまい、惜しくもクウォーターファイナルで姿を消す形となりました。



クウォーターファイナルまで勝ち上がった大野修聖と林健太は、今大会5位でフィニッシュとなりました!! 明日行われるセミファイナルには、Dion Atkinson(AUS)(ディオン・アトキンソン)・Marc Lacomare(FRA)(マーク・ラコマー)などの注目サーファー達が勝ち上がっています!! ぜひライブ中継でトップサーファー達の白熱した戦いを観戦しましょう!!



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを観戦しましょう!!
Hainan Classic のサイトはこちらから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!(時差-1時間 サマータイムなし)


Hainan Classic のサーフィン大会会場


より大きな地図で Riyuewan Bay(リユエン ベイ) を表示







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典