サーフィンニュース

JPSA 開幕戦「RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ」が終了!! 優勝は田中英義・野呂玲花!!


3月22日より 静岡県 河津町 今井浜(イマイハマ)で開催されていた JPSA ジャパンプロサーフィンツアー 2012 ショートボード 第1戦 RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ(ロニンプロ カイユウ フジモトキドウカップ)が終了しました。


開催期間  3月22日(木)~ 3月25日(日)※プロトライアルは22日(木)
賞金総額  300万円(男子240万円 女子60万円)



この動画は RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ 男子・女子ファイナルヒート、表彰式の動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: ustream JPSA



RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ

静岡県の多々戸浜で開催されていた、JPSA ショートボード 第1戦「RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ」は昨日ファイナルデーを迎え、見事コンテストを制したのは、男子では昨年のグランドチャンピオン田中 英義(タナカ・ヒデヨシ)、女子はプロトライアルから勝ち上がってきた野呂 玲花(ノロ・レイカ)となりました!!



ファイナルデーの今井浜は前日よりかなりサイズダウンしてしまったため、会場を多々戸浜に移動してコンテストが行われました。強い西風が吹くコシ~ハラのコンディションの中、選手達は素晴らしいサーフィンで会場を沸かせていました。




RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ

男子のファイナリストは田中英義、林 健太(ハヤシ・ケンタ)・椎葉 順(シイバ・ジュン)のトッププロに加え、海外のジュニアイベントで活躍を見せている加藤 嵐(カトウ・アラシ)となり、ノートリミングから3発のリップを決めた田中英義が、8.50ポイントのハイスコアをマークして、およそ2年ぶりとなる優勝を決めました!!



田中英義は昨年グラチャンを獲得したものの、優勝が一度もなかっただけに嬉しい勝利となったようで、表彰式のコメントで「気持ちいい!!」と素直な感想を語り、2年連続のグラチャン獲得に向け、幸先の良いスタートを切りました!!




RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ

女子では、ファイナリスト常連の谷口 絵里菜(タニグチ・エリナ)に、10代の野呂玲花、高橋 みなと(タカハシ・ミナト)・須田 那月(スダ・ナツキ)が挑戦する形になりました。ハイポイントをなかなか出せない難しいヒートの中、6.00ポイントをマークしてトップに立った野呂玲花がその後もヒートをリードし、見事プロトライアルから勝ち上がっての優勝となりました!!



JPSA初出場で初優勝となった野呂玲花は、表彰式で「今後もツアーを回ってグランドチャンピオンを狙います。」などとコメントを残しました。今年のツアーは10代のジュニア世代の活躍に注目です!!




またこのコンテストで JPSA公認プロ資格を獲得したのは、伊豆出身のベテランサーファー今村 大介(イマムラ・ダイスケ)、トップジュニアの仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ)・佐藤 魁(サトウ・ガイ)・橋本 恋(ハシモト・レン)・野呂玲花の5人となりました!! 今後の活躍に期待します!!



次回の JPSAコンテストは、5月18日(金)からバリ島のクラマスで行われる、ショートボード第2戦ガルーダ・インドネシア トラベルシーンプロとなります。今後のツアーからも目が離せません!!



※このコンテストのファイナルデー ハイライト動画・フォトムービー・田中英義のインタビュー動画を近日公開します!! お楽しみに!!



RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ 最終結果
男子
優勝 田中 英義(タナカ・ヒデヨシ)
2位  林 健太(ハヤシ・ケンタ)
3位  椎葉 順(シイバ・ジュン)
4位  加藤 嵐(カトウ・アラシ)


女子
優勝 野呂 玲花(ノロ・レイカ)
2位  谷口 絵里菜(タニグチ・エリナ)
3位  高橋 みなと(タカハシ・ミナト)
4位  須田 那月(スダ・ナツキ)



JPSA 公認プロ資格獲得者
男子
佐藤 魁(サトウ・ガイ)
仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ)
今村 大介(イマムラ・ダイスケ)


女子
橋本 恋(ハシモト・レン)
野呂 玲花(ノロ・レイカ)



RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ の詳細はこちらから


RONINプロ 海遊 藤本軌道カップ のサーフィン大会会場


より大きな地図で 多々戸浜(たたどはま) を表示




戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典