サーフィンニュース

台風3号は温帯低気圧に。千葉以北はバックスウェルに期待!! 温帯低気圧とは?


台風3号は温帯低気圧に。千葉以北はバックスウェルに期待!! 温帯低気圧とは?

台風3号(マーワー)は、昨日(6月6日)の15時に温帯低気圧になりました。 温帯低気圧になりましたが、964hPaに勢力を強めて、北東に35km/hで進んでいます。



今朝の各地の波は
沖縄・スーサイド ムネ前後。 宮崎 頭~クローズ。
四国・生見 カタ~頭。    伊勢・国府の浜 ムネ前後。
伊良湖 カタ前後。      御前崎 カタ前後。
伊豆・多々戸 カタ~頭。   湘南は ムネ~カタ。
千葉南 クローズ。      千葉北 クローズ。
茨城 クローズ。
となっています。



すでに、南向きのポイントや普段ウネリが入りにくいポイントは、サイズダウンが始まっているようです。千葉以北は、これからも温帯低気圧からのバックスウェルが続く予報で、しばらくサイズがある状態が続きそうです。



台風3号は温帯低気圧に変わりましたが、弱まったわけではありません。「台風から温帯低気圧にかわりました。」と聞くと、弱まったイメージがありますが、発達することもあります。



熱帯低気圧は、温かい海からの水蒸気で発達し、発達し続けると台風になります。そして、海水温が低いエリアや陸地に来ると、熱帯低気圧に弱まります。



温帯低気圧は、暖かい空気と冷たい空気が交じり合って発生し、温度差で発達します。今回の台風3号は、「熱帯低気圧から海水温の高いエリアで発達し台風になり、日本近海の海水温の低いエリアで弱まり、冷たい空気があるエリアで温帯低気圧として発達している。」という感じになります。



しかしこの温帯低気圧も今後はだんだん弱まる予報になっています。千葉以北は、この温帯低気圧からウネリで、しばらくはサイズのある状態が続きそうです。



初心者サーファーは、最新の波情報をよくチェックして、ムリはしないようにしまよう。上級者も油断は禁物です。



*画像の熱帯低気圧・台風の位置は、いろいろな気象情報サイトを参考にしたもので、おおよその位置です。
参考にしている気象情報サイトはこちら↓
台風情報 - ウェザーニュース
気象庁 | 台風情報
気象庁 | 天気図
Joint Typhoon Warning Center (JTWC)
NOAA WAVE WATCH Ⅲ







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典