サーフィンニュース

五十嵐カノアがアンダー18で優勝!! 稲葉玲王はQFで敗退!! USA CHAMPIONSHIPS


6月19日より アメリカ カリフォルニア州 Lowers Trestles(ローワーズ トラッセルズ)で開催されていた USA CHAMPIONSHIPS(ユーエスエー チャンピオンシップ)が終了しました。


開催期間  6月19日(火)~6月23日(土) 時差-16時間(サマータイム期間中)



このサーフィン動画は USA CHAMPIONSHIPS 3日目のハイライト動画です。0:05ごろに小林桂が登場します。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube surfingamerica



アメリカ各地域の代表選手がそろって開催されていた「USA CHAMPIONSHIPS」は、現地時間23日にファイナルデーを迎え、各クラス白熱した戦いを繰り広げていました。



ボーイズ アンダー16のクォーターファイナルに勝ち上がっていた、ハワイ代表の稲葉 玲王(イナバ・レオ)はヒート3に登場し、トータル8.70ポイントをマークしますがあと一歩及ばず、惜しくも3位で敗退となりました。



ボーイズ アンダー18では、日本でもお馴染みの五十嵐 カノア(USA)(イガラシ・カノア)が、14歳という年齢で見事優勝を決め、コンテスト最年少記録を打ち立てました!! ちなみに昨年のアンダー18では、現在WTサーファーの Kolohe Andino(USA)(コロヘ・アンディーノ)が優勝しており、このクラスでの優勝がどれだけ凄いのかがわかります。



またガールズ アンダー18では、Mahina Maeda(HAW)(マヒナ・マエダ)がファイナル進出を決めると、トータル11.13ポイントをマークし、惜しくも優勝とはなりませんでしたが、見事3位入賞となりました!!



そのほかの注目選手の最終結果は以下の通りです。

ボーイズ アンダー18
松本 カイ(マツモト・カイ)  ラウンド1で敗退
喜納 海人(キノウ・カイト)  ラウンド2で敗退


ボーイズ アンダー14
小林 桂(コバヤシ・ケイ)   セミファイナルで敗退
脇田 泰地(ワキタ・タイチ)  ラウンド1で敗退



USA CHAMPIONSHIPS のサイトはこちらから


USA CHAMPIONSHIPS のサーフィン大会会場


より大きな地図で Lowers Trestles(ローワーズ トラッセルズ) を表示






戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典