サーフィンニュース

大野修聖はラウンド24敗退で17位フィニッシュ!! メンズ6スター Billabong Pro J-Bay


7月10日より 南アフリカ Jeffreys Bay(ジェフリーズ ベイ)で ASP メンズ6スター Billabong Pro J-Bay(ビラボン プロ ジェイベイ)が開催されています。


開催期間  7月10日(火)~7月15日(日) 時差-7時間(サマータイムなし)
賞金総額  $155,000(日本円で 約1232万円 1ドル80円で計算)



このサーフィン動画は Billabong Pro J-Bay 3日目のハイライト動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube billabong



南アフリカのジェイベイで開催されている、メンズ6スター「Billabong Pro J-Bay」3日目は、昨日現地時間12日に行われ、素晴しいコンディションが続く中、ラウンド16のヒート4までを消化しました。



ラウンド48のヒート3には、日本から出場している大野 修聖(オオノ・マサトシ)が登場し、Tanner Gudauskas(USA)(タナー・グダスカス)、Caio Ibelli(BRA)(カイオ・イベリ)、Chris Friend(AUS)(クリス・フレンド)のトップサーファーと対戦すると、ヒート終盤に逆転の6.83ポイントをマークし、ラウンド24へ進出しました!!



その後のラウンド24 ヒート1に登場した大野修聖は、元WTサーファーの Nathan Yeomans(USA)(ネイト・ヨーマンズ)と、Mitchel Coleborn(AUS)(ミッチェル・コールボーン)の3人ヒートで対戦し、相手選手にハイスコアをマークされる中、大野修聖はトータル8.90ポイントで及ばず、今大会17位でフィニッシュとなりました。



昨年のジェイベイで優勝しているJordy Smith(ZAF)(ジョディ・スミス)と、若手WTサーファーのJohn John Florence(HAW)(ジョン・ジョン・フローレンス)はラウンド16に進出、トップWTサーファーのAdriano de Souza(BRA)(エイドリアーノ・デスーザ)は、クウォーターファイナルに進出を決めています。



コンテスト4日目は、現地時間の朝に選手集合が掛かる予定です。(日本時間のお昼過ぎ) コンテストが再開されれば、 あと1日で全スケジュールが終わってしまう可能性があるので、ライブ中継を見逃さないように要チェックです。



注目選手の登場予定
ラウンド16のヒート6          Jordy Smith(ZAF)(ジョディ・スミス)
ラウンド16のヒート6          John John Florence(HAW)(ジョン・ジョン・フローレンス)

クウォーターファイナルのヒート1   Adriano de Souza(BRA)(エイドリアーノ・デスーザ)



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、世界のトップサーファー達のサーフィンを観戦しましょう!!
Billabong Pro J-Bay のサイトはこちらから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!(時差-7時間 サマータイムなし)



Billabong Pro J-Bay のサーフィン大会会場


より大きな地図で Jeffreys Bay(ジェフリーズ ベイ) Supertubes(スーパーチューブス) を表示






戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典