サーフィンニュース

台風14号・15号が発生中!! どんどん発達する予報。藤原の効果とは!?


台風14号・15号が発生中!! どんどん発達する予報。藤原の効果とは!?

台風14号(テンビン)と台風15号(ボラヴェン)が発生中です。



台風14号(テンビン)の今朝の中心気圧は 945hPa。
22日6時には 935hPa。 23日3時には 930hPaと発達しながら、ゆっくりと北西に進む予報です。



台風15号(ボラヴェン)の今朝の中心気圧は 992hPa。
22日6時には 985hPa。 23日3時には 980hPa。
24日3時には 965hPaと発達しながら、こちらもゆっくりと北西に進む予報です。



この2つの台風はだんだん近づいていきます。2つの台風が接近すると、お互いに影響しあって、藤原の効果と呼ばれる複雑な動きをすることがあります。予報が難しくなるようですが、気象庁の台風5日進路予報も、JTWC(米軍合同台風警報センター)も、今朝の時点では同じような予報を出しています。



今朝の各地の波は
沖縄・スーサイド ヒザ。  宮崎 ハラ~ムネ。  四国・生見 コシ~ムネ。  伊勢・国府の浜 ヒザ~ハラ。
伊良湖 コシ~ムネ。  御前崎 ヒザ~コシ。  伊豆・多々戸 ヒザ~コシ。  湘南 ヒザ。  千葉南 コシ~ムネ。
千葉北 コシ~ムネ。  茨城 コシ~ムネ。  仙台新港 コシ~ムネ。  北海道・浜厚真 コシ~ハラ。 となっています。



台風のウネリは、まだまだ入ってきていない感じです。今回の2つの台風からのウネリは、千葉南から西のエリアでは、サイズアップが望めそうですが、千葉北から北のポイントでは、そこまで大きなサイズアップは、見込めなさそうです。



これからサイズアップが予想されるので、初心者のサーファーは、サーフィンしないようにしましょう。また上級者のサーファーも自分の技量を過信せずに、ムリをしないようにしましょう。



サーファーにとっては、台風の接近はワクワクしてしまいますが、この台風が災害などを引き起こさずに、サーフィンができるウネリのみを届けてくれることを願うばかりです。



*画像の熱帯低気圧・台風の位置は、いろいろな気象情報サイトを参考にしたもので、おおよその位置です。
参考にしている気象情報サイトはこちら↓
台風情報 - ウェザーニュース
気象庁 | 台風情報
気象庁 | 天気図
Joint Typhoon Warning Center (JTWC)
NOAA WAVE WATCH Ⅲ







戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典