サーフィンニュース

各クラス最終戦!! ASP ジャパン「QUIKSILVER Pro Junior Hyuga」が明日スタート!!


8月31日より 宮崎県 日向市 小倉ヶ浜(おぐらがはま)で ASP JAPAN QUIKSILVER Pro Junior Hyuga(クイックシルバー プロ ジュニア ヒュウガ)が開催されます。


このコンテストは、ジュニアメンズ グレード2・ジュニアガールズ グレード1・カデット グレード1・グロメッツ グレード1の4クラスで同時開催となります。


開催期間   8月31日(金)~9月2日(日)

賞金総額   ジュニアメンズ グレード1      $10,000(日本円で 約78万円 1ドル78円で計算)
       ジュニアガールズ グレード1     Non Prize
       カデット グレード1         Non Prize
       グロメッツ グレード1        Non Prize



このサーフィン動画は昨年の Malibu HYUGA PRO ファイナルデーのハイライト動画です。

*この動画は音声が出ます。再生前にボリュームを確認して下さい。参照元: YouTube aspjapantour



明日8月31日から宮崎県の小倉ヶ浜海岸で、ASPジャパン「QUIKSILVER Pro Junior Hyuga」がスタートします。このコンテストは、ジュニアメンズ グレード2・ジュニアガールズ グレード1・カデット グレード1・グロメッツ グレード1の4クラスで同時開催となり、各クラスで最終戦となります。



メンズジュニアクラスは、今大会を含め全部で4戦あり、3戦のベストスコアを合計したポイントで、上位5人が10月に行われる WJC(ワールドジュニアチャンピオンズ)への出場権を得ることができます。



最新順位は、トップに新井 洋人(アライ・ヒロト)、2位に大橋 海人(オオハシ・カイト)、3位に加藤 嵐(カトウ・アラシ)、4位に金尾 玲生(カナオ・レオ)、5位に仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ)と続いています。



同じく WJCへの出場権がかかっている、ガールズジュニアの最新順位は、トップに高橋 みなと(タカハシ・ミナト)、2位には野呂 玲花(ノロ・レイカ)となっており、男女ともに代表争いは最後まで加熱しそうです。



今大会を含む3つのイベント結果によって、10月にフランスで開催される「Quiksilver King of the Grommet」に、日本代表選手として選抜されるカデットクラスの最新順位は、トップの仲村 拓久未(ナカムラ・タクミ)に続き、2位には安井 拓海(ヤスイ・タクミ)が後に続いています。各クラス今大会で最後となる代表争いを、ぜひライブ中継でチェックしましょう!!



このサーフィン大会はライブ中継がありますので、ジュニアサーファー達のサーフィンを観戦しましょう!!
QUIKSILVER Pro Junior Hyuga のサイトはこちらから
ライブ中継は「LIVE」をクリック!!



QUIKSILVER Pro Junior Hyuga のサーフィン大会会場


より大きな地図で 小倉ヶ浜(おぐらがはま) を表示






戻る

コンドミニアム一宮

レボ ウエットスーツ

オオノ・シェイプス シェイプの流れ

サーフショップ地図

サーフィンポイントデータ

サーフィン用語辞典